Canon EOSRのリーク情報から、気になるスペックをピックアップ!

(追記)
2018年9月5日にCanon公式のアナウンスがありましたので、それを受けて記事を追記・修正いたしました。

Canonの新しいフルサイズミラーレス:EOS Rのスペックシートが流出、ということで、個人的に気になった項目を抜き出して箇条書きにしてみました。
翻訳間違い、またはリーク情報自体がフェイクだった場合はごめんなさい。

Canon DSLR Rumors
Here are the full Canon EOS R specifications
https://www.canonrumors.com/canon-eos-r-full-specifications/

記録メディアはSDカード

位置づけ的にサブ機なのだな、と思うところです。
今後、デュアルスロットのプロ向け機や、C-Fastカード対応の動画向け機が出てくるかも、という期待があります

EF,EF-Sレンズはマウントアダプター介して使用できるが、EF-Mは使用できない

EF-Mにもkissブランドを投入しているので、そちらは独自のマーケティングをしていくのかな、と思います。

30.3メガピクセルのセンサー

これはEOS5D MarkIVと同じセンサーでしょうか?
EOS5D系のカメラを仕事で使っているカメラ仲間みんなが、III→IVでセンサーがめちゃくちゃ良くなって、本当に使える5D系になったと評判でした。
ここはかなり期待が持てます。
(追記)EOS5DMarkIVは30.4メガピクセルのセンサーでした。全く同じものでは無いようです。

従来の14bitRAWフォーマットのほかに、EOS Kiss Mに搭載されたC-RAWフォーマットで記録できる

C-RAWフォーマットは使ったことが無いのですが、ソニーと違ってサイズの小さいRAWファイルを撮れるというのは、イベントやウェディングを撮っている人にはありがたい仕様だと思います。

1.6xクロップモード(RAW及びラージ:4176x2784px、スモール2:2400x1600px)

クロップモードはこれまでSuper35規格つまりAPS-C用のレンズで動画を撮っていた層、シグマのMC-11を使ってソニーa6500で動画を撮っていた層からも移行しやすいので、地味にありがたい仕様だと思います。

フリッカーレス撮影可能

これはもはや必須仕様な気がします。

顔AFの表記はあるが、瞳AFの表記は無い

ソニーの瞳AFはスチル撮るときにはすごいですが、動画を撮るときの動体AFに関してはキヤノンのDual Pixel AFが強い印象なので、使い方次第かと思います。
(追記)瞳AFは搭載されているようです。
https://youtu.be/BQ1buQm9VZE

この動画では、マルチファンクションバーの操作性もわかりやすく解説されています。
あと、すごく地味なのですが、横位置に構えた時に、横長のAFゾーンを使えるのは、イベント撮影など動き回る人物を撮る時にめちゃくちゃ便利だと思います。

ボディ内手振れ補正の表記は無い

とりあえずこのボディでは、なのかEOSRシリーズには搭載しない、なのかが気になります。
(追記)動画撮影時に、電子手ぶれ補正が使用できるようです。
ただし、若干クロップされるとのこと。従来のEFレンズでも使えるそうなので期待大です。
https://cweb.canon.jp/eos/lineup/r/feature-movie.html

ISO100-40,000、拡張で50-102,400

拡張ISO50はありがたいですね。

シャッターは、メカニカル、電子および電子先幕メカニカル後幕

これは普通ですね。

最大8.0fps

もはやそんなに速くないように感じてしまいますが、これまでEOS5Dシリーズ使っていた人なら充分なスペックかと思います。

動画は最大4K(UHD)29.97fps、ALL-I(480Mbps)とIPB(120Mbps)が選択可能

これも普通ですね。
キヤノンはシネマEOSシリーズがあるので、スチルカメラではこの辺りそれほど強化してこない印象です。
(追記)外部記録時に4:4:2 10bit収録に対応。Canon Logも標準搭載されているそうです。

FHDで59.94fps、ただし1.6xクロップモードは使用できない
HDで119.9fps

FHD120fpsは搭載しないんですね。。

Wi-Fi、Blurtooth内蔵

この辺りももはや普通。

M-Fn Barは、右、左、スライドおよびプレスの4種類のアクションがある
M-Fn BarにはISO感度、ホワイトバランス、フォーカスチェック、ディスプレイinfo、動画撮影、AE、AF、そのほかユーザー設定機能を割り振れる

AFポイント選択できるジョイスティックが無いので、ここの操作系がどうなのか非常に気になります。
上下にスライドで操作できるなら4方向の操作はできますが、8方向移動できないと、AFポイント選択の操作性が不満かも。
タッチパネルで直接選択できるのかもしれません。
(追記)背面パネルでAFポイント選択できるようです。

USB-C搭載

バッテリーグリップも発売されるみたいですが、外部バッテリーから電源供給できたら便利ですね。
あとはBMPCC4Kみたいに、外部ストレージに直接記録とか。

バッテリーグリップが存在する

スチルを撮る人、特にこれまで仕事でキヤノンのカメラを使っていた人は、カメラが小さくなることによってクライアントに「プロっぽくない」という印象を与えることに極端に敏感になっているように思いますので、大事なオプションかと思います。

起動は0.9秒

これは普通ですね。

バッテリーとSDカードを入れた状態でのボディの重量660g

ミラーレス機としてはそこそこ重たいですね。
28-70mmF2が1400gぐらいあるみたいなので、全体的には結構重たいシステムになりそうです。

スペック的にはEOS5D MarkIVに近い感じなので、派生で5000万画素クラスの高画素機とか、ボディ内手振れ補正を搭載し4:2:2 10bit動画撮れるボディ(APS-Cセンサーでもいいかも)とか出てきたら面白いですね。
特に高画素機はミラーショックが存在しない分、実用的そうです。

マウント径も大きいし、フルサイズセンサーと44×33センサーの中間の独自規格で8000万画素Dual Pixcel CMOSセンサーみたいなバケモノカメラが出てきたら面白いですね。

EF-EORSマウントアダプターは通常版、コントロールリング搭載版、ドロップインフィルター搭載版の3種類があるということですが、中でもドロップインフィルター搭載版は動画撮る人にはすごく革新的なアイデアになると思います。
(すぐ他社に真似されるかもしれないですが)

今までEFマウントのレンズで動画制作している人はたくさんいると思いますが、そのレンズ資産に対して個別にNDフィルターを用意する必要がなく、出目金レンズでもマットボックスつけてても、簡単にマウントアダプター側でNDフィルターを交換できるようになればかなり便利なはず!

そうゆう意味でも動画に強いボディの登場に大きな期待があります。

先だって発表されたNikonのZ6、Z7が、既存ニコンユーザーのソニー流出を食い止めようとしているように見えるのに対して、キヤノンEOSRは、既存のキヤノンエントリー機ユーザーのアップグレード需要と、新しいユーザーを獲得しようとしているように見えます。

これまでニコンもキヤノンも持っていない新規ユーザーの視点で考えれば、 ニコンの高画素機と明るいが高い単焦点レンズを(場合によっては複数)買うか、2400万画素機を待つなら、 キヤノンの3000万画素機と(多少高くても)28-70mmF2ズーム買った方が撮れるもの多いし合理的だと考えるように思います。

キヤノンのマーケティングは強いな、という印象です。

NOIZMA Lab.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です